ホーム>童話作家のアイウエオ [ア]:あまんきみこ

童話作家を五十音順に紹介していくこの連載、第1回は…
…女の子はいなくなっており、小さな野原の…
…あの空は、私の大きな絵本だったということを。…
藤田のぼるの「童話作家のアイウエオ」1. あまんきみこ
『車のいろは空のいろ』ポプラ社文庫 あまんきみこ/作 北田卓史/絵
 

◇藤田のぼる(ふじた のぼる)-profile-
1950年秋田県生まれ。児童文学評論家・作家。日本児童文学者協会副理事長。 聖学院大学他講師。著書に『児童文学への3つの質問』(てらいんく)、『少年少女の 名作案内 日本の文学』(共編、自由国民社)『「場所」から読み解く世界児童文学事典』 (共編著、原書房)など、創作作品に『山本先生新聞です』(岩崎書店)、『錨を上げて』(文 溪堂)『みんなの家出』(福音館書店、2014年度産経児童出版文化賞フジテレビ賞) などがある。小学校国語教科書編集委員、NHK学校放送企画委員なども務める。

<<

 童話作家を五十音順に紹介していくこの連載、第1回はもちろんアからで、あまんきみこさんを紹介します。子どもの本を見ていると、あまんさんの他にも、全部平仮名の名前や、(僕もそうですが)下の名前が仮名の書き手が少なくないことに気づかれると思います。名前を仮名で書くことで、子どもと向き合う心になろう、自分の中の子どもを呼び覚まそう、という感じでしょうか。
 あまんきみこの名を知らなくても、4年生で勉強する「白いぼうし」の作者といえば思い出される方も多いでしょう。タクシー運転手の松井さんが道端で見つけた白いぼうし。持ち上げてみると、中からもんしろちょうが飛び出します。ぼうしをかぶせておいた子に悪かったなと思いつつ、タクシーに戻った松井さん。そこに女の子が乗ってきます。ところが、菜の花橋にやってくると、女の子はいなくなっており、小さな野原の上をたくさんのちょうたちが飛んでいたのです。このお話は『車のいろは空のいろ』という本の中の一編で、どれも松井さんが出会ったちょっと不思議なお客さんにまつわる物語です。
 あまんさんはお子さんが幼稚園に入ってから通信制の大学に学び、童話の勉強も始めました。松井さんの話をまとめて本にする時タイトルが決められず、先輩作家の今西祐行さん(「一つの花」などの作者) から、「車の色は何色ですか?」と聞かれ、「空色です」と答えたのがそのままタイトルになったというエピソード自体、ひとつの童話のようです。あまんさんはご自身のエッセイ「空の絵本」(同タイトルのエッセイ集に所収) の中で、「童話を書くようになってあるとき、私はふいに気がつきました。幼いときみていた窓の形に区切られたあの空は、私の大きな絵本だったということを。病弱な一人っ子はあたたかい蒲団の中で空の絵本をみながら時を過ごしてきたのだということを」と書かれていますが、そういえば、もう一つの代表作「ちいちゃんのかげおくり」でも、空は大切な役目を果たしています。旧満州で生まれ、育ったあまんさんは、平和への想いも強いものがあり、近作の絵本『鳥よめ』は、民話のモチーフを生かした、そしてやはり空へのあこがれ、平和への願いが見事に凝縮された作品です。
 図書館にあるあまんさんの本のほとんどは、1年生から3年生くらいで出会わせたい「幼年童話」ですが、なにか心の深いところにしみてくるような、忘れてしまったものを思い出させてくれるような、味わい深いお話ばかりです。お子さんと一緒に読み合うのにも、ぴったりだと思います。

◇藤田のぼる(ふじた のぼる)-profile-
1950年秋田県生まれ。児童文学評論家・作家。日本児童文学者協会副理事長。 聖学院大学他講師。著書に『児童文学への3つの質問』(てらいんく)、『少年少女の 名作案内 日本の文学』(共編、自由国民社)『「場所」から読み解く世界児童文学事典』 (共編著、原書房)など、創作作品に『山本先生新聞です』(岩崎書店)、『錨を上げて』(文 溪堂)『みんなの家出』(福音館書店、2014年度産経児童出版文化賞フジテレビ賞) などがある。小学校国語教科書編集委員、NHK学校放送企画委員なども務める。