ホーム>童話作家のアイウエオ [フ]:古田足日



藤田のぼるの「童話作家のアイウエオ」【フ】古田足日さん
『古田足日さんからのバトン』ありがとう古田足日さんの会・編 かもがわ出版刊
 

◇藤田のぼる(ふじた のぼる)-profile-
1950年秋田県生まれ。児童文学評論家・作家。日本児童文学者協会副理事長。 聖学院大学他講師。著書に『児童文学への3つの質問』(てらいんく)、『少年少女の 名作案内 日本の文学』(共編、自由国民社)『「場所」から読み解く世界児童文学事典』 (共編著、原書房)など、創作作品に『山本先生新聞です』(岩崎書店)、『錨を上げて』(文 溪堂)『みんなの家出』(福音館書店、2014年度産経児童出版文化賞フジテレビ賞) などがある。小学校国語教科書編集委員、NHK学校放送企画委員なども務める。

「フ」『古田足日さんからのバトン』ありがとう古田足日さんの会・編 かもがわ出版刊

<<

 今回ご紹介するのは、故人になりますが、僕にとっては〝師匠〟ともいうべき人、古田足日です。これを「たるひ」と読めれば、児童文学に詳しい人と言えるでしょう。作品で一番ポピュラーなのは、田畑精一さんとのコンビの絵本『おしいれのぼうけん』でしょう。『おおきい1年生と小さな2年生』も読まれ続けていますが、代表作としては『宿題ひきうけ株式会社』をあげたいところです。
 というように、一般には「作家」として認知されていると思いますが、古田さんは戦後の児童文学を代表する評論家でした。今につながる「現代児童文学」は、佐藤さとるの『だれも知らない小さな国』といぬいとみこの『木かげの家の小人たち』が出版された一九五九年を起点とするというのが定説ですが、この年に古田足日の第一評論集『現代児童文学論』も出され、理論面でも新しい時代を画することになりました。この本の冒頭に置かれたのが「さよなら未明」という評論で、大正から昭和前期にかけての「童話」を代表する小川未明を、言わばやり玉にあげたこの評論に対しては、旧世代からの反発もかなりだったようですが、この評論に励まされるように次々に出される新しい作品が、結果的にそうした反発を抑え込んだ、というところでしょうか。
 僕は秋田にいた学生時代に、『宿題ひきうけ株式会社』と、古田さんの四冊目の評論集『児童文学の旗』とを読み、大きく影響を受けました。まったく一人で児童文学を勉強していましたから、古田さんの評論と創作を合わせて読むのは、なんというか問題集と解答集を読むような感じで、実に頭に入ってくるのです。だから、東京に出てきて二年目にその古田さんに会い、卒論の一部を読んでもらうことになり、それを少し手直しして、古田さんが編集委員をしていた『日本児童文学』に載せてもらうことになった時は、「ほんとかい!?」という感じでした。
 以来、四年前に亡くなるまでお付き合いが続きました。なにを言ってもきちんと受け止めてくれる懐が深い人柄でしたが、あえて欠点(?)をあげるならば、原稿が遅くて有名だったことでしょうか。古田さんの原稿が入らないために、某叢書の刊行が大幅に遅れたといったエピソードには事欠きませんでした。それでも古田さんの場合、サボっているのではなく、懸命に書こうとしているのだという認識はみんな持っていて、なんとなく許されてしまうところが不思議でした。
 古田さんがいかに子どもの本の様々な分野の人たちに大きな影響力を持っていたかについては、三年前に出された『古田足日さんからのバトン』をぜひお読みいただければと思います。

◇藤田のぼる(ふじた のぼる)-profile-
1950年秋田県生まれ。児童文学評論家・作家。日本児童文学者協会副理事長。 聖学院大学他講師。著書に『児童文学への3つの質問』(てらいんく)、『少年少女の 名作案内 日本の文学』(共編、自由国民社)『「場所」から読み解く世界児童文学事典』 (共編著、原書房)など、創作作品に『山本先生新聞です』(岩崎書店)、『錨を上げて』(文 溪堂)『みんなの家出』(福音館書店、2014年度産経児童出版文化賞フジテレビ賞) などがある。小学校国語教科書編集委員、NHK学校放送企画委員なども務める。