ホーム>童話作家のアイウエオ [コ]:後藤竜二

『口で歩く』
『口で歩く』
『口で歩く』
藤田のぼるの「童話作家のアイウエオ」どうとうりゅうじ
『1ねん1くみ1ばんワル』ぽぷら社 後藤竜二/作 長谷川知子/絵
 

◇藤田のぼる(ふじた のぼる)-profile-
1950年秋田県生まれ。児童文学評論家・作家。日本児童文学者協会副理事長。 聖学院大学他講師。著書に『児童文学への3つの質問』(てらいんく)、『少年少女の 名作案内 日本の文学』(共編、自由国民社)『「場所」から読み解く世界児童文学事典』 (共編著、原書房)など、創作作品に『山本先生新聞です』(岩崎書店)、『錨を上げて』(文 溪堂)『みんなの家出』(福音館書店、2014年度産経児童出版文化賞フジテレビ賞) などがある。小学校国語教科書編集委員、NHK学校放送企画委員なども務める。

藤田のぼるの「童話作家のアイウエオ」どうとうりゅうじ さん 『1ねん1くみ1ばんワル』ぽぷら社 後藤竜二/作 長谷川知子/絵

<<

 この原稿を書くために、時々地元の図書館で、児童書コーナーの棚を確認します。後藤竜二さんは九年前に亡くなられているのですが(まだ六十代でした)、その著書は今もかなりのスペースを占めていました。中でも一番目立つのは、『1ねん1くみ1ばんワル』に始まるシリーズで、幼年向けシリーズというのはなんとなく女の子向けが多い印象があるのですが、これは男の子が活躍する物語でした。これが出た時は、「えっ、後藤さん、こういうのも書くんだ」という感じで、僕が児童文学を読み始めた一九七〇年代、彼は若手作家の代表格、〈社会派の旗手〉という感じで、高学年向け以上の作品がほとんどでした。僕が好きだったのは『算数病院事件』で、「算数病院」というのは、五年生の担任の先生が、算数の苦手な子どもたちのために作った〈病院〉なのですが、〈医者〉役にさせられた子と〈患者〉の子とのあつれきが止まず、不満が噴出します。「協力するのはいいこと」といった建前で収めるのではなく、子どもたちの本音をスピーディな展開と文体で描く後藤ワールドは、ぐいぐいと読者をひきつけます。そうした魅力は、歴史小説にも生かされていて、出身地の北海道を舞台にした『地平線の五人兄弟』、幕末の南部藩で起こった三閉伊一揆を題材にした『白赤だすき小〇の旗風』など、時に劇画調ともいわれた文体で、児童文学の歴史ものに新風を巻き起こしました。
 さて、『1ねん1くみ1ばんワル』ですが、「ようちえんのころからぼうそうぞく」というくろさわくんがメインキャラクター。語り手である〈ぼく〉は、そんなくろさわくんが迷惑なような、うらやましいような……、その微妙なところが読者の心をつかむのだと思います。枠にはまらない子というのは、実際には今の教室や社会では生きにくいのが現実でしょうが、くろさわくんの悪口をいいながらも、ちゃんと関わっているクラスの子どもたちのありように、後藤さんは可能性を託しているように思われます。
 さて、後藤竜二の仕事として、抜かしてならないのは運動家としての姿です。特に全国児童文学同人誌連絡会という組織を立ち上げ、『季節風』という雑誌を創刊、そこから多くの若い書き手が誕生しました。代表格はあさのあつこさんですが、他にも中学生時代に後藤作品に感動して手紙を書き、ていねいな返事をもらったことが作家としての原点という横沢彰さんなど、後藤竜二に影響された若い書き手は少なくありません。自身の作品世界について、「子どもたちへの応援歌」という表現をよく使った後藤さんは、後進への応援歌を今も歌い続けているのだと思います。

◇藤田のぼる(ふじた のぼる)-profile-
1950年秋田県生まれ。児童文学評論家・作家。日本児童文学者協会副理事長。 聖学院大学他講師。著書に『児童文学への3つの質問』(てらいんく)、『少年少女の 名作案内 日本の文学』(共編、自由国民社)『「場所」から読み解く世界児童文学事典』 (共編著、原書房)など、創作作品に『山本先生新聞です』(岩崎書店)、『錨を上げて』(文 溪堂)『みんなの家出』(福音館書店、2014年度産経児童出版文化賞フジテレビ賞) などがある。小学校国語教科書編集委員、NHK学校放送企画委員なども務める。