ホーム>童話作家のアイウエオ [イ]:石崎洋司

童話作家を五十音順に紹介していくこの連載、第1回は…
…女の子はいなくなっており、小さな野原の…
…あの空は、私の大きな絵本だったということを。…
藤田のぼるの「童話作家のアイウエオ」【イ】石崎洋司さん
『黒魔女さんが通る!』青い鳥文庫 石崎洋司/作 藤田 香/絵
 

◇藤田のぼる(ふじた のぼる)-profile-
1950年秋田県生まれ。児童文学評論家・作家。日本児童文学者協会副理事長。 聖学院大学他講師。著書に『児童文学への3つの質問』(てらいんく)、『少年少女の 名作案内 日本の文学』(共編、自由国民社)『「場所」から読み解く世界児童文学事典』 (共編著、原書房)など、創作作品に『山本先生新聞です』(岩崎書店)、『錨を上げて』(文 溪堂)『みんなの家出』(福音館書店、2014年度産経児童出版文化賞フジテレビ賞) などがある。小学校国語教科書編集委員、NHK学校放送企画委員なども務める。

<<

 第1回のアも、安房直子、あさのあつこ、あんびるやすこ等候補はたくさんいたのですが、イも多い。国語教科書関係でも、「一つの花」の今西祐行、「かさこじぞう」の岩崎京子、更にいぬいとみこ、今江祥智と、多士済々です。でも今回は、教科書とは全然関係ない、子どもたちに大人気の「黒魔女さんが通る」シリーズの作者、石崎洋司さんを紹介します。
 このシリーズを出している講談社青い鳥文庫の創刊は一九八〇年。九〇年代になって、はやみねかおるの「名探偵夢水清志郎」がヒットしたあたりから、エンターテインメントの書き下ろしシリーズという路線が定着しました。そして、二〇〇〇年代に入っての代表的シリーズの一つが、この黒魔女さんです。Eテレの「大天才テレビくん」の中でアニメ化もされています。主人公のチョコこと五年生の黒鳥千代子は、「ごくふつうのオカルトマニアで、ごくふつうの魔法書を読んで、クラスの友だちに、ごくふつうにきみわるがられて」いる女の子。ある日、クラス内の三人の女の子たちが、イケメンのショウ君が誰のことを好きか占ってくれとやってきます。ところがこの時、チョコは花粉症の真っ盛り。「キューピット」と呼ぶべきところが「ギュービッド」になってしまい、目の前に現れたのは、黒魔女のギュービッドでした。ところがこのギュービッドは「インストラクター魔女」で、一度召喚されたら、その相手を黒魔女にしなければ魔女の世界には帰れない、というのです。かくてギュービッドはチョコの部屋に住み着き(といっても、その姿はチョコにしか見えませんが)、チョコの黒魔女修業が始まります。
 第1巻が〇五年刊行で21巻まで出され、今はチョコたちが6年生になった新シリーズがスタートしている他、番外編的なシリーズもあります。黒魔女修業というとおどろおどろしい感じもしますが、その「修行」の場は基本的にはチョコのクラスで、読者にとっては一種の学校物語として楽しめる作品世界といえます。もう一つの仕掛けは、読者の考えたキャラクターが作品に登場している点で、このシリーズほど多用されている例はないのではないでしょうか。
 石崎さんの作家デビュー前のことですが、僕は専門学校で講師仲間でした。日本の児童文学のことしか話さない僕に比べて、彼は外国のミステリーや様々なジャンルの文学に精通していて、学生たちを魅了していました。「黒魔女さん」にもそういう蘊蓄が結構盛り込まれていて、それも魅力の一つになっています。近年は、「少年弁護士セオの事件簿」など翻訳の仕事や、古典の再話などにも手を伸ばしていて、幅広い活躍が期待されます。

◇藤田のぼる(ふじた のぼる)-profile-
1950年秋田県生まれ。児童文学評論家・作家。日本児童文学者協会副理事長。 聖学院大学他講師。著書に『児童文学への3つの質問』(てらいんく)、『少年少女の 名作案内 日本の文学』(共編、自由国民社)『「場所」から読み解く世界児童文学事典』 (共編著、原書房)など、創作作品に『山本先生新聞です』(岩崎書店)、『錨を上げて』(文 溪堂)『みんなの家出』(福音館書店、2014年度産経児童出版文化賞フジテレビ賞) などがある。小学校国語教科書編集委員、NHK学校放送企画委員なども務める。