ホーム>童話作家のアイウエオ [イ]:いとうひろし



藤田のぼるの「童話作家のアイウエオ」【イ】いとうひろしさん
『学校へ行こうーちゃんとりんー』理論社 いとうひろし/作
 

◇藤田のぼる(ふじた のぼる)-profile-
1950年秋田県生まれ。児童文学評論家・作家。日本児童文学者協会副理事長。 聖学院大学他講師。著書に『児童文学への3つの質問』(てらいんく)、『少年少女の 名作案内 日本の文学』(共編、自由国民社)『「場所」から読み解く世界児童文学事典』 (共編著、原書房)など、創作作品に『山本先生新聞です』(岩崎書店)、『錨を上げて』(文 溪堂)『みんなの家出』(福音館書店、2014年度産経児童出版文化賞フジテレビ賞) などがある。小学校国語教科書編集委員、NHK学校放送企画委員なども務める。

<<

 今回はいとうひろしさんです。いとうひろしさんの本は図書館にたくさんありますが、「い」で始まる作家の棚には、それほど多くはないかもしれません。その分、絵本の棚にたくさんの作品が並んでいます。絵本はほとんどの図書館が著者ではなく、タイトルの五十音順になっています。いとうさんの絵本で代表作といえば、やはり「ルラルさん」シリーズでしょうか。一冊目の『ルラルさんのにわ』は、「これは ルラルさんです」という、シンプルというより翻訳調のような文で語られ始めます。このルラルさん自慢の庭に突然ワニが現れるのですが、「にわ↓わに」という遊びを交えながら、子ども読者からは距離感のある変なおじさんのルラルさんが、いつのまにか親しめるキャラに変換するおもしろさがユニーク。
 これに対して、幼年童話の「おさる」シリーズは、子どもからも親しみ感のあるおさるが主人公。『おさるになるひ』は、これも「ぼくは、おさるです」というシンプルな文から始まります。お母さんがまもなく赤ちゃんを産むのですが、なぜおさるのお母さんからはおさるの赤ちゃんしか生まれないのだろう。そして不思議なのは、自分は生まれた時のことなんか全然覚えてない。ぼくは本当にお母さんから生まれたのだろうか……、というふうに、ある意味哲学的な疑問が語られていきます。ルラルさんとは逆に、ただのかわいいおさるに見えた主人公が、なかなかに高度な、存在論的な問いを投げかけてくるわけです。
 いとうさんの作品は、最初に書いたように、絵本は絵本の棚に、幼年童話は物語の棚にと分かれてしまうのですが、本当は同じところに並べておきたい気がします。そして、いとうさんは絵本作家と呼ばれることが多いのですが、むしろ「絵物語作家」とでも呼びたい気もします。
 近作の『学校へ行こう―ちゃんとりん―』などは、まさに絵物語。登場人物は三年生のちゃんとりんのほぼ二人だけ。朝の登校の時間、吹き出しを使ったマンガ風な画面で、二人の対話劇のように進行していきます。わたしたちって、なんで毎日学校に行くんだろ、学校へ行く途中でなにか事件が起こらないだろうか、UFOに乗った宇宙人が来てさらわれたらどうしよう……と、二人のとりとめのない会話が楽しいというより、「子どもは毎朝学校に通う」という行為を、どんどん相対化していくように読めてきます。まさにいとうひろしワールドです。
 いとうさんは「伊東寛」の名で、学生時代の児童文学サークルの仲間だった荻原規子さんの『水色勾玉』の装画なども手掛けており、これもまた一味違ういとうひろしワールドを見せてくれます。

◇藤田のぼる(ふじた のぼる)-profile-
1950年秋田県生まれ。児童文学評論家・作家。日本児童文学者協会副理事長。 聖学院大学他講師。著書に『児童文学への3つの質問』(てらいんく)、『少年少女の 名作案内 日本の文学』(共編、自由国民社)『「場所」から読み解く世界児童文学事典』 (共編著、原書房)など、創作作品に『山本先生新聞です』(岩崎書店)、『錨を上げて』(文 溪堂)『みんなの家出』(福音館書店、2014年度産経児童出版文化賞フジテレビ賞) などがある。小学校国語教科書編集委員、NHK学校放送企画委員なども務める。