ホーム>童話作家のアイウエオ [キ]:きたやまようこ



藤田のぼるの「童話作家のアイウエオ」【キ】きたやまようこさん
「りっぱな犬になる方法」 理論社 きたやまようこ・著
 

◇藤田のぼる(ふじた のぼる)-profile-
1950年秋田県生まれ。児童文学評論家・作家。日本児童文学者協会副理事長。 聖学院大学他講師。著書に『児童文学への3つの質問』(てらいんく)、『少年少女の 名作案内 日本の文学』(共編、自由国民社)『「場所」から読み解く世界児童文学事典』 (共編著、原書房)など、創作作品に『山本先生新聞です』(岩崎書店)、『錨を上げて』(文 溪堂)『みんなの家出』(福音館書店、2014年度産経児童出版文化賞フジテレビ賞) などがある。小学校国語教科書編集委員、NHK学校放送企画委員なども務める。

「りっぱな犬になる方法」理論社 きたやまようこ

<<

 今回紹介するきたやまようこさんは、「童話作家」というよりも「絵本作家」という肩書きで呼ばれることが多い方で、ほとんどの本はご自分で文章も絵も手がけています。この点は「オ」で紹介した岡田淳さんと一緒ですが、きたやまさんの場合は、絵と文が同時に発想されるという感じで、その組み合わせの絶妙さが持ち味といえます。
 そのきたやまさんがブレークしたのは、『ゆうたくんちのいばりいぬ』シリーズだったでしょうか、僕はその次に出た『りっぱな犬になる方法』で、そのおもしろさ、おかしさにハマりました。冒頭には「しょうらい犬になってみたいと思っている人はいませんか? な りたいと思わなくても、ある日いきなり犬になる、なんてことは、よくあることです。これはそんな人のために犬が教えてくれた、ちゃんとした犬になる方法の本です」とあり、犬としっぽの生えた男の子が向かい合っている絵が描かれています。この後は、「あいさつ」「いぬごや」「うんこ」……という具合に、五十音順に四十四の項目について、〈立派な犬になる方法〉が伝授されます。どの項目も、ユーモアというかエスプリにみちた人生訓(?) になっていて、大人も子どもも楽しめます。「How to become a good dog」というバ イリンガル版も出ています。
これと共通した雰囲気ながら、よりストーリー化されているのが、『ぼくのポチブルてき生活』。ポチブルという犬が書いた手紙が連想ゲームのようにつながって、風、くじら、あり、ヤジルシ、電車、コスモスとポチブルとのやりとりが描かれます。こちらはユーモアに加えてペーソスをも感じさせますが、こうした上質な笑いのセンスというのは、日本の子どもの本の中では得がたいものです。
 さらにストーリー性がはっきりしているのが、クマのくまざわくんと犬のいぬうえくんの友情を描いた『いぬうえくんがやってきた』のシリーズ。低学年の場合は、むしろこちらのほうから読んでいくほうが、きたやまワールドにスムースに入っていけるかもしれません。
 さて、ここまで紹介したように、きたやまさんの作品には、個性豊かな犬たちが登場してきます。犬を飼い始めた時、犬を育てるため一年間の「育児休暇」を取ったというエピソードは有名。大分前になりますが、ある席でご一緒した折に聞いてみたところ、ものごころがついた時から、犬とは友だちだった由。今も三匹の犬たちと一緒の生活ということで、「全部拾ったのよ」という言葉が印象的でした。実は犬たちもきたやまさんの本を読んで、向こうからやってきたのかもしれません。

◇藤田のぼる(ふじた のぼる)-profile-
1950年秋田県生まれ。児童文学評論家・作家。日本児童文学者協会副理事長。 聖学院大学他講師。著書に『児童文学への3つの質問』(てらいんく)、『少年少女の 名作案内 日本の文学』(共編、自由国民社)『「場所」から読み解く世界児童文学事典』 (共編著、原書房)など、創作作品に『山本先生新聞です』(岩崎書店)、『錨を上げて』(文 溪堂)『みんなの家出』(福音館書店、2014年度産経児童出版文化賞フジテレビ賞) などがある。小学校国語教科書編集委員、NHK学校放送企画委員なども務める。