ホーム>童話作家のアイウエオ [ミ]:宮川ひろ



藤田のぼるの「童話作家のアイウエオ」【ミ】宮川ひろさん
『0てんに かんぱい!』宮川ひろ/作 小泉るみ子/絵 童心社刊
 

◇藤田のぼる(ふじた のぼる)-profile-
1950年秋田県生まれ。児童文学評論家・作家。日本児童文学者協会副理事長。 聖学院大学他講師。著書に『児童文学への3つの質問』(てらいんく)、『少年少女の 名作案内 日本の文学』(共編、自由国民社)『「場所」から読み解く世界児童文学事典』 (共編著、原書房)など、創作作品に『山本先生新聞です』(岩崎書店)、『錨を上げて』(文 溪堂)『みんなの家出』(福音館書店、2014年度産経児童出版文化賞フジテレビ賞) などがある。小学校国語教科書編集委員、NHK学校放送企画委員なども務める。

「ミ」『0てんに かんぱい!』宮川ひろ/作 小泉るみ子/絵 童心社刊

<<

 日本の児童文学の一つの特徴といっていいと思いますが、それは学校や教室を主な舞台とした作品が多いことです。子どもたちの日常生活を考えれば、それは当然ともいえますが、実は学校物語は以前に比べると、減る傾向にあります。子どもにとっての学校が必ずしも楽しい場所ではないという認識、印象が広がってきたことが、その大きな要因であるように思われます。
 そうした中で一貫して学校・教室のドラマを書き続けている作家の一人が、今回紹介する宮川ひろさんです。デビュー作は、産休補助の先生と子どもたちを描いた『るすばん先生』で、一九六九年の出版。この時宮川さんはすでに四十代後半に差し掛かっていて、作家としては遅いデビューでしたが、ここからの活躍は目覚ましいものがありました。中で宮川ひろの名前を知らしめたのは、七六年に出された『先生のつうしんぼ』でしょう。若い男の先生が、給食で嫌いなにんじんをそっと口から吐き出すところから始まるこの物語。子どもたちへの暖かい視線だけでなく、教師の成長を見守る目にも確かさを感じさせます。実は僕は、大学での児童文学の講義で、最初に学校物語から始め、この作品をまず紹介します。というのも、僕自身が小学校教員になった時に一番心配だったのが食べ物の好き嫌いで、給食にトマトが出てくると本当に嫌でした。そんな話から始めると、自ずから自己紹介にもなるわけで、妙なところでこの作品の恩恵を被っています。
 その他の宮川ひろ作の学校物語を列挙すると、『先生の子どもになりたい日』『ぼく先生のこときらいです』『天使のいる教室』『ぼくの学校ぼくひとり』等々、思わず手に取ってみたいタイトルばかり。また、校長先生と子どもたちの〝対決〟を描いた絵本『びゅんびゅんごまがまわったら』なども忘れられません。
 そして、意外な向きもあるでしょうが、いくつかの民話絵本なども出している宮川さんは、あの人気シリーズ「怪談レストラン」の執筆者の一人でもあります。怖い話も得意なのです。
 今や大ベテランというか、やはり「怪談レストラン」のお仲間である岩崎京子さんと並んで、現役最年長作家といえるでしょう。近作に『0てんにかんぱい!』『ずるやすみにかんぱい!』などのかんぱいシリーズがあり、子どもたちの背中をゆったりと押してくれる作品世界はまったく健在です。
 なお、児童文学評論家として活躍されている宮川健郎さんはご子息ですが、『0てんにかんぱい!』のエピソードは、実は彼の子ども時代のできごとが元、とも聞いています。

◇藤田のぼる(ふじた のぼる)-profile-
1950年秋田県生まれ。児童文学評論家・作家。日本児童文学者協会副理事長。 聖学院大学他講師。著書に『児童文学への3つの質問』(てらいんく)、『少年少女の 名作案内 日本の文学』(共編、自由国民社)『「場所」から読み解く世界児童文学事典』 (共編著、原書房)など、創作作品に『山本先生新聞です』(岩崎書店)、『錨を上げて』(文 溪堂)『みんなの家出』(福音館書店、2014年度産経児童出版文化賞フジテレビ賞) などがある。小学校国語教科書編集委員、NHK学校放送企画委員なども務める。