ホーム>童話作家のアイウエオ [ミ]:三田村信行



藤田のぼるの「童話作家のアイウエオ」【ミ】三田村信行さん
『子どもはみんな問題児。』新潮社刊 中川李枝子/著 山脇百合子/装画・挿画
 

◇藤田のぼる(ふじた のぼる)-profile-
1950年秋田県生まれ。児童文学評論家・作家。日本児童文学者協会副理事長。 聖学院大学他講師。著書に『児童文学への3つの質問』(てらいんく)、『少年少女の 名作案内 日本の文学』(共編、自由国民社)『「場所」から読み解く世界児童文学事典』 (共編著、原書房)など、創作作品に『山本先生新聞です』(岩崎書店)、『錨を上げて』(文 溪堂)『みんなの家出』(福音館書店、2014年度産経児童出版文化賞フジテレビ賞) などがある。小学校国語教科書編集委員、NHK学校放送企画委員なども務める。

「ナ」中川李枝子さん『子どもはみんな問題児。』新潮社刊 中川李枝子/著 山脇百合子/装画・挿画

<<

 今回改めて地元の図書館の棚を確かめたら、三田村信行さんの本は二段と半分くらいを占めていました。しかし三田村さんが特別なのは、シリーズ物の比較的ハンディな本がズラッと並ぶ中に、三冊分を合わせたくらいの突出した厚みを持つ本が何冊かはさまれていることで、作風の幅の広さがうかがわれます。
 シリーズでポプュラーなのは、「ネコカブリ小学校」や「ウルフ探偵」、今なら「キャベたまたんてい」シリーズでしょうか。まずは「ネコカブリ小学校」ですが、校長先生や教頭先生が主役のシリーズです。『ゆかいなネコカブリ小学校』の第一話「校長先生のにがお絵かき」では、校長先生が新聞記事を見て、自分も卒業する六年生全員の似顔絵を描こうとした顛末が語られます。子どもたちや親たちにも好評で気を良くする校長先生にテレビ局の取材が入ります。ところがテレビ局は、六年生の子がコンクールに応募した絵のことを取材に来たというのです。実際、その子の絵は校長先生の絵よりずっと上手でした。しょげかえると思いきや、今度は卒業生たちに「愛」とか「誠」などと書いた色紙を送ろうとする校長先生。こんなふうに、三田村さんの作品はエスプリが効いた作品が多いのですが、一方で校長先生は愛すべきキャラクターでもあり、一筋縄ではいきません。
 そんな中で、僕が好きなのは『もしもしきつねくまぞうです』という作品。三田村さんの作品には動物が人間の姿をして人間社会に紛れ込んでいる、という設定が時々あって、この物語では人間の姿で普段は市役所に勤めているキツネが、童話作家の〈わたし〉を訪ねてきます。自分の書いた童話を読んで、指導してほしいと言うのです。キツネはその後もやってきて、キツネが書いた短編が次々に紹介されていく「枠物語」の構成になっています。「君でなければ書けないものを書きなさい」という助言で、作品のトーンが次第に変わっていくプロセス、そしてそのためにキツネが今までのように人間の姿をすることに耐えられなくなっていく展開がとてもスリリングです。
 最初に書いた「突出した厚みを持つ本」の一つである『風の城』や四冊に分かれている『風の陰陽師』などは、児童版・歴史伝奇小説といった趣きで、さらに初期の短編集『お父さんがいっぱい』や最近作の『オオカミの時間 今そこにある不思議集』などは不条理劇の味わいが濃い、言わば児童文学らしからぬ児童文学といってもいいかも知れません。
 野球では、僕と同じロッテファンの三田村さんですが、僕がなぜそれを知ったのかという話はかなりおもしろいのですが、字数が尽きてしまい、残念!

◇藤田のぼる(ふじた のぼる)-profile-
1950年秋田県生まれ。児童文学評論家・作家。日本児童文学者協会副理事長。 聖学院大学他講師。著書に『児童文学への3つの質問』(てらいんく)、『少年少女の 名作案内 日本の文学』(共編、自由国民社)『「場所」から読み解く世界児童文学事典』 (共編著、原書房)など、創作作品に『山本先生新聞です』(岩崎書店)、『錨を上げて』(文 溪堂)『みんなの家出』(福音館書店、2014年度産経児童出版文化賞フジテレビ賞) などがある。小学校国語教科書編集委員、NHK学校放送企画委員なども務める。