ホーム>童話作家のアイウエオ [モ]:森絵都



藤田のぼるの「童話作家のアイウエオ」【モ】森絵都さん
『宇宙のみなしご』森絵都/作 杉田比呂美/絵 フォア文庫
 

◇藤田のぼる(ふじた のぼる)-profile-
1950年秋田県生まれ。児童文学評論家・作家。日本児童文学者協会副理事長。 聖学院大学他講師。著書に『児童文学への3つの質問』(てらいんく)、『少年少女の 名作案内 日本の文学』(共編、自由国民社)『「場所」から読み解く世界児童文学事典』 (共編著、原書房)など、創作作品に『山本先生新聞です』(岩崎書店)、『錨を上げて』(文 溪堂)『みんなの家出』(福音館書店、2014年度産経児童出版文化賞フジテレビ賞) などがある。小学校国語教科書編集委員、NHK学校放送企画委員なども務める。

「モ」『宇宙のみなしご』森絵都/作 杉田比呂美/絵 フォア文庫

<<

 今回の森絵都さんという名前を見て、「あれっ?」と思われた方もいらっしゃると思います。森さんは直木賞を受賞された、小説家として活躍しておられるからです。しかし森さんは童話作家としてデビューし、現在も小説と児童文学を並行して書いているので、この連載に登場する資格は充分なのです。森さんのように、児童文学から大人の小説に〝越境〟した書き手は、あさのあつこ、村山早紀など少なくありませんし、その逆も珍しくありません。そもそも、今年創刊百年を迎えた『赤い鳥』の創刊号に、芥川龍之介が「蜘蛛の糸」を書いたように、かつては大人と子どもの文学の境界線は、意外に薄いものでした。今両方にまたがって活躍する書き手が登場していることは、その時代に戻った感もあります。
 さて、森さんのデビューは二十代早々、『リズム』という作品ですが、〈おじさん評論家〉からすると、ややキラキラすぎる感がありました。しかし、その三年後に発表された『宇宙のみなしご』で、その印象は大きく変わりました。その後も、アニメ化された『カラフル』、これも映画化された『ダイブ!!』などがあり、児童文学の代表作といえばこちらになるかもしれませんが、僕は今のところ『宇宙のみなしご』が一番好きな作品です。
 物語の中心は、中2の陽子と中1のリンの姉弟。印刷所を営む両親が家にいる時間が少ないこともあって、二人は幼い時から自分たちでいろんな遊びを開拓して時間を過ごしてきました。そんな二人がふとしたきっかけで久しぶりに発見したのが、深夜よその家の屋根に上がるという、とんでもない遊び(?)でした。ところがこの二人だけの秘密の行動に、思いがけないところから陽子の二人のクラスメートが加わることになります。何かをしたいのだけれど、何をしたらいいかわからない……。僕がこの作品を読んだのはすでに四十代半ばでしたが、自分が中学生の時の、そうした言葉にならない焦燥感のような思いを、まざまざと蘇えさせられたことを覚えています。なお、この作品には最初の講談社版、フォア文庫版、角川文庫版と三つのテキストがあり、その違いを発見するのも、ファンにとっては楽しいかもしれません。
 そして、これは児童文学ではないのですが、この連載は教育関係の方が目にすることが多いと思うので紹介します。一昨年刊行された『みかづき』は、昭和から平成の千葉を舞台に、学習塾を立ち上げ、大きくしていく一族の物語で、戦後の教育を塾業界から描いたものとして、話題になりました。これが来年1月に、NHKでドラマ化が決まったようで、とても楽しみです。

◇藤田のぼる(ふじた のぼる)-profile-
1950年秋田県生まれ。児童文学評論家・作家。日本児童文学者協会副理事長。 聖学院大学他講師。著書に『児童文学への3つの質問』(てらいんく)、『少年少女の 名作案内 日本の文学』(共編、自由国民社)『「場所」から読み解く世界児童文学事典』 (共編著、原書房)など、創作作品に『山本先生新聞です』(岩崎書店)、『錨を上げて』(文 溪堂)『みんなの家出』(福音館書店、2014年度産経児童出版文化賞フジテレビ賞) などがある。小学校国語教科書編集委員、NHK学校放送企画委員なども務める。