ホーム>童話作家のアイウエオ [ナ]:中川李枝子



藤田のぼるの「童話作家のアイウエオ」【ナ】中川李枝子さん
『子どもはみんな問題児。』新潮社刊 中川李枝子/著 山脇百合子/装画・挿画
 

◇藤田のぼる(ふじた のぼる)-profile-
1950年秋田県生まれ。児童文学評論家・作家。日本児童文学者協会副理事長。 聖学院大学他講師。著書に『児童文学への3つの質問』(てらいんく)、『少年少女の 名作案内 日本の文学』(共編、自由国民社)『「場所」から読み解く世界児童文学事典』 (共編著、原書房)など、創作作品に『山本先生新聞です』(岩崎書店)、『錨を上げて』(文 溪堂)『みんなの家出』(福音館書店、2014年度産経児童出版文化賞フジテレビ賞) などがある。小学校国語教科書編集委員、NHK学校放送企画委員なども務める。

「ナ」中川李枝子さん『子どもはみんな問題児。』新潮社刊 中川李枝子/著 山脇百合子/装画・挿画

<<

 新型コロナウィルスの影響で、首都圏は図書館もほとんど閉館となり、子どもたちはどうしているでしょうか。そして本棚の本たちも寂しい思いをしているように想えてなりません。
 さて、今回ご紹介する中川李枝子さん。『いやいやえん』の作者と言えばおわかりでしょうし、『ぐりとぐら』の作者と言えばほとんどの方がうなずかれるでしょう。『いやいやえん』が出版されたのが一九六二年、『ぐりとぐら』が六三年ですから、もう半世紀どころか六十年になろうとしています。二代に亘ってはもちろん、そろそろ三代に亘って親しまれてきた日本の児童文学の財産です。
 中川さんは、都立高等保母学院の在学中から児童文学を志し、二十歳で世田谷区の無認可みどり保育園に勤め始めました。『いやいやえん』の設定と同じ、年長と年中・年少の二クラスだけの小さな保育園でした。二〇一五年に出されたエッセイ集『子どもはみんな問題児。』の中で、「いまはっきり言えるのは、あの保育園に勤めなかったら、私は『いやいやえん』を書かなかったということです。『ぐりとぐら』シリーズも、『ももいろのきりん』も生まれなかったでしょう」と書かれています。「『いやいやえん』を書いたのは保母になって二年目でした」と書かれているのもちょっと驚きです(本になったのはもう少し後ですが)。
 学校の先生をしていた児童文学作家というのはたくさんいますが、幼稚園や保育園の先生、保育士出身の作家というのは、意外に少ないように思います。そして、中川さんは、右記の『ももいろのきりん』の他、『そらいろのたね』『たんたんのたんけん』など、一貫して幼年向け作品のみを出されています。実はこういう作家も結構珍しいと思います。あと、中川さんのお仕事としては作詞があり、なんといっても「となりのトトロ」のオープニングテーマ「さんぽ」が有名です。
 中川さんを語る上で抜かしてならないのは、『ぐりとぐら』の絵を受け持っている山脇百合子さんが妹さんということで、当初は「大村李枝子・大村百合子」でした。『いやいやえん』の挿絵もそうで、最初に本が出た時は百合子さんはまだ学生でした。そして、『ももいろのきりん』などの挿絵を担当している中川宗弥さんは中川さんのお連れ合いで、ご夫婦、ご兄弟(姉妹)コンビというのは時々いるのですが、その両方というのも、なかなか珍しいように思います。
 右記のエッセイ集は「子育てに悩んでいるお母さんが多いと聞いて、私はこの本を書くことを引き受けました」とあり、お母さんはもちろん、先生方にとってもヒント満載の一冊だと思います。

◇藤田のぼる(ふじた のぼる)-profile-
1950年秋田県生まれ。児童文学評論家・作家。日本児童文学者協会副理事長。 聖学院大学他講師。著書に『児童文学への3つの質問』(てらいんく)、『少年少女の 名作案内 日本の文学』(共編、自由国民社)『「場所」から読み解く世界児童文学事典』 (共編著、原書房)など、創作作品に『山本先生新聞です』(岩崎書店)、『錨を上げて』(文 溪堂)『みんなの家出』(福音館書店、2014年度産経児童出版文化賞フジテレビ賞) などがある。小学校国語教科書編集委員、NHK学校放送企画委員なども務める。