ホーム>童話作家のアイウエオ [オ]:岡田 淳

今回は「ウ」で始まる作家、やはり今この人を外すわけにはいけません。…
…むしろSF的な作品でしたが、「守り人」に重なる…
…も、大切な見どころだと思います。僕はこの…
藤田のぼるの「童話作家のアイウエオ」【オ】岡田淳さん
増補改訂版 「守り人」のすべて 守り人シリーズ完全ガイド 偕成社 上橋菜穂子/著 偕成社編集部/編 二木真希子/絵 佐竹美保/絵
 

◇藤田のぼる(ふじた のぼる)-profile-
1950年秋田県生まれ。児童文学評論家・作家。日本児童文学者協会副理事長。 聖学院大学他講師。著書に『児童文学への3つの質問』(てらいんく)、『少年少女の 名作案内 日本の文学』(共編、自由国民社)『「場所」から読み解く世界児童文学事典』 (共編著、原書房)など、創作作品に『山本先生新聞です』(岩崎書店)、『錨を上げて』(文 溪堂)『みんなの家出』(福音館書店、2014年度産経児童出版文化賞フジテレビ賞) などがある。小学校国語教科書編集委員、NHK学校放送企画委員なども務める。

<<

 アイウときて、今回は「オ」、岡田淳さんです。「えっ、エが抜けてるよ」とおっしゃる向きもあるでしょうが、五十音全部はフォローし難いので、時折とばして進めさせていただきます。
 岡田淳といえば、学校が舞台のファンタジーの書き手として定評があります。例えば、国語教科書に登場した「消しゴムころりん」を含む『ふしぎの時間割』。タイトルの通り、「一時間目」「二時間目と、お話が積み上がっていきます。岡田作品は、そんなふうに仕掛けのある短編集や、「額物語」の形式をとるものが多いのです。額物語というのは、アラビアンナイトのように、全体の物語の中に、一つひとつのお話がはめ込まれているタイプの作品で、中でも僕が好きなのは『雨やどりはすべり台の下で』です。「夏休み中に登校班で一度遊ぶこと」という宿題を出された、同じマンションに住む子どもたちが、公園で三角ベースを始めます。ようやくおもしろくなってきた頃、堂々と通り抜けていく大人がいて、野球は中断されます。マンションに住む一人暮らしの老人・雨森さんでした。そこで、突然の雨。すべり台の下に避難した子どもたちは、「さっきまではいい天気だったはず」「雨森さんが傘を開いたら雨が降ってきた」「もしかして、魔法が使えるのでは」という話になり、一番年上の照夫が「実は……」と、自分と雨森さんにまつわる不思議な体験を語り始めます。その話がかつて中学1年の国語教科書に採用されたことのある「スカイハイツ・オーケストラ」です。さて、照夫の話を半信半疑で聞いていた子どもたちの中で、「実はぼくも」と語り出したのは一郎でした。そして、そこに居合わせた子どもたちが次々に、今まで胸に秘めていた雨森さんにまつわる不思議なエピソードを語りだすのです。
 こうした形式の作品の他にも、『二分間の冒険』『扉のむこうの物語』などの、長編の本格ファンタジー、そして「日本版ムーミン」とも呼ばれる「こそあどの森の物語」シリーズは、昨年出された第12巻『水の森の秘密』で完結しました。
 そうした中で僕がお勧めしたいのは、二〇一二年に出された初のエッセイ集『図工準備室の窓から』です。岡田さんは、ほとんどの作品にご自分でさし絵をつけられていますが、西宮市の小学校で図工の専科教師を定年まで続けられました。その38年間の中で忘れがたいエピソードが綴られています。岡田さんのファンにとっては、作品世界のバックグラウンドやお話の〈素〉を知る興味深さがありますが、それは別としても、図工という教科を通して子どもたちを見つめ続けた一人の教師の誠実な息遣いが全編にあふれた、誠に味わい深い一冊です。

◇藤田のぼる(ふじた のぼる)-profile-
1950年秋田県生まれ。児童文学評論家・作家。日本児童文学者協会副理事長。 聖学院大学他講師。著書に『児童文学への3つの質問』(てらいんく)、『少年少女の 名作案内 日本の文学』(共編、自由国民社)『「場所」から読み解く世界児童文学事典』 (共編著、原書房)など、創作作品に『山本先生新聞です』(岩崎書店)、『錨を上げて』(文 溪堂)『みんなの家出』(福音館書店、2014年度産経児童出版文化賞フジテレビ賞) などがある。小学校国語教科書編集委員、NHK学校放送企画委員なども務める。