ホーム>童話作家のアイウエオ [サ]:斉藤 洋



藤田のぼるの「童話作家のアイウエオ」【ク】薫くみこさん
「十二歳の合い言葉」 ポプラポケット文庫 薫くみこ/作 中島潔/絵
 

◇藤田のぼる(ふじた のぼる)-profile-
1950年秋田県生まれ。児童文学評論家・作家。日本児童文学者協会副理事長。 聖学院大学他講師。著書に『児童文学への3つの質問』(てらいんく)、『少年少女の 名作案内 日本の文学』(共編、自由国民社)『「場所」から読み解く世界児童文学事典』 (共編著、原書房)など、創作作品に『山本先生新聞です』(岩崎書店)、『錨を上げて』(文 溪堂)『みんなの家出』(福音館書店、2014年度産経児童出版文化賞フジテレビ賞) などがある。小学校国語教科書編集委員、NHK学校放送企画委員なども務める。

『河童のクゥと夏休み』岩崎書店刊木暮正夫/作, こぐれけんじろう/絵

<<

 この連載の最初に書いたように、童話作家を五十音順に紹介しようと思ったのは、図書館での本の並びがそのようになっているということが大きいのですが、今回紹介する斉藤洋さんは、児童書コーナーでおそらく一番スペースを取っている作家ではないでしょうか。実に様々なタイプの作品があり、そのどれもがまちがいなくおもしろいのです。そうした創作のエネルギーがどこから生まれるのだろうか、と思えてなりません。
 斉藤さんのデビュー作は、ねこたちの世界を描いた『ルドルフとイッパイアッテナ』で、講談社児童文学新人賞の入賞作です。著書の『童話作家はいかが』によれば、夕刊紙で募集記事を見た当時ドイツ語の非常勤講師だった斉藤さんは、「賞金目当て」で初めて児童文学作品を書き、それが入賞したというのです。岐阜の飼いネコだったルドルフは、魚屋に追いかけられて飛び込んだトラックが出発してしまい、東京・江戸川で野良ネコとして生きていくことになります。初めて出会ったネコがその辺りのボスで、名前を聞くと「(名前は)いっぱいあってな」と答えたので、それが名前だと思ってしまい、そのイッパイアッテナを指南役に、新しい生活が始まります。擬人化されているようで、でもどこかネコそのもので、といったあたりの独特の味わいが、魅力になっているように思えます。続編が三作あり、テレビ絵本やアニメにもなったので、ご覧になった方も多いのでは。
 「なん者ひなた丸」「ペンギンたんけんたい」「白狐魔記」など、進行中のものも含め、様々なシリーズがありますが、僕が好きなのが、ドイツのイェーデンシュタットという(多分架空の) 町を舞台にした三部作です。第一作の『ドローセルマイアーの人形劇場』は、数学教師エルンストが、喫茶店で出会った人形遣いの老人の荷物を持ってやったのがきっかけで人形劇にすっかり魅せられ、やがて人形劇場を継ぐことになる物語です。第二作『アルフレートの時計台』は、故郷のイェーデンシュタットに小児科医として赴任してきたクラウスが、かつて町のシンボルであった時計台の不思議と出会い、小児科医として生きていく決意を新たにします。そして三作目の『オイレ夫人の深夜画廊』は、ミュンヒンに行く途中大雪のためにこの町で足止めをくらったフランツが、不思議な画廊で子ども時代の思い出の品と出会い、大学をやめ彫刻家を目指すことを決意する物語です。ファンタジーとしての味付けの絶妙さもさることながら、偶然にも思えるきっかけから童話作家になることになった作者自身の想いが、三部作の主人公たちに重ねられているように思えてなりません。

◇藤田のぼる(ふじた のぼる)-profile-
1950年秋田県生まれ。児童文学評論家・作家。日本児童文学者協会副理事長。 聖学院大学他講師。著書に『児童文学への3つの質問』(てらいんく)、『少年少女の 名作案内 日本の文学』(共編、自由国民社)『「場所」から読み解く世界児童文学事典』 (共編著、原書房)など、創作作品に『山本先生新聞です』(岩崎書店)、『錨を上げて』(文 溪堂)『みんなの家出』(福音館書店、2014年度産経児童出版文化賞フジテレビ賞) などがある。小学校国語教科書編集委員、NHK学校放送企画委員なども務める。