ホーム>童話作家のアイウエオ [サ]:さとうまきこ



藤田のぼるの「童話作家のアイウエオ」【サ】さとうまきこ
『4つの初めての物語』ポプラ社 さとうまきこ/作 杉田比呂美/絵
 

◇藤田のぼる(ふじた のぼる)-profile-
1950年秋田県生まれ。児童文学評論家・作家。日本児童文学者協会副理事長。 聖学院大学他講師。著書に『児童文学への3つの質問』(てらいんく)、『少年少女の 名作案内 日本の文学』(共編、自由国民社)『「場所」から読み解く世界児童文学事典』 (共編著、原書房)など、創作作品に『山本先生新聞です』(岩崎書店)、『錨を上げて』(文 溪堂)『みんなの家出』(福音館書店、2014年度産経児童出版文化賞フジテレビ賞) などがある。小学校国語教科書編集委員、NHK学校放送企画委員なども務める。

『4つの初めての物語』ポプラ社 さとうまきこ/作 杉田比呂美/絵

<<

 僕が児童文学を読み始めた学生時代、一九七〇年頃のことですが、当然ながら作者はみな上の年代の人たちでした。そんな中、七二年に『絵にかくとへんな家』でデビューしたさとうまきこさんは、ベトナム戦争のアメリカ軍脱走兵を題材にしていることも含めて、初めて同世代ということを強く意識させられた書き手でした。作家として本格的に活躍しだしたのは八〇年代からで、女の子たちの揺れる心情に迫った『ハッピーバースデー』や、いじめを題材にした『宇宙人のいる教室』といった作品と、子ども時代に出会っている先生やお母さん方がいらっしゃるかもしれません。夏休みの最後の夜に思いがけない冒険と出会うファンタジー『9月0日大冒険』は、芥川賞作家の綿矢りささんが子ども時代の愛読書だったということで、偕成社文庫版の解説を書いておられます。
 以来、コンスタントに活躍を続けるさとうさんですが、小学生時代は小児ゼンソクのためにほとんど学校に通えず、ちょっと具合が良くなると、家で本を読んで過ごすという、まさに「本は友達」というキャッチフレーズを地でいくような子ども時代だったようです。そのあたりのことは、自伝的な作品である『わたしの秘密の花園』に詳しいのですが、三年生の時のエピソードで、久しぶりに学校に行った主人公が、「わたしは何年生なんだっけ?」と思う場面があるくらいですから。休み具合も半端ではなかったようです。そんなさとうさんにとって、お話を思い浮かべ、書くことは、とても自然なことだったのかもしれません。
 とても幅広い作品世界を持っているさとうさんですが、あえて一冊をあげるなら、二〇〇四年に出された『4つの初めての物語』でしょうか。文字通り、東京近郊の6年生の「初めての物語」が4編、「初めてのブラジャー」「初めてのお兄さん」「初めてのパクチャリ」「初めてのマイホーム」と続く短編集です。第一話の「初めてのブラジャー」はタイトルからおおよその内容は想像できるでしょうが、ストーリーはまさにその通り、つまりいかにもありそうな話なのに、見事なドラマになっているのです。対照的に第二話の「初めてのお兄さん」はちょっと中身が予想しにくいですが、主人公の女の子のお父さんがバツイチで、実は前の奥さんとの間に子どもがいて、社会人になったその「お兄さん」が初めて主人公の家を訪ねてくる、というお話。そして、この主人公は第一話にチラッと登場してくるという風に、4話がゆるやかにつながっていきます。常に「子どもの今」に寄り添い続けてきたさとうさん、その歩みが留まることはありません。

◇藤田のぼる(ふじた のぼる)-profile-
1950年秋田県生まれ。児童文学評論家・作家。日本児童文学者協会副理事長。 聖学院大学他講師。著書に『児童文学への3つの質問』(てらいんく)、『少年少女の 名作案内 日本の文学』(共編、自由国民社)『「場所」から読み解く世界児童文学事典』 (共編著、原書房)など、創作作品に『山本先生新聞です』(岩崎書店)、『錨を上げて』(文 溪堂)『みんなの家出』(福音館書店、2014年度産経児童出版文化賞フジテレビ賞) などがある。小学校国語教科書編集委員、NHK学校放送企画委員なども務める。