ホーム>童話作家のアイウエオ [ス]:末吉暁子



藤田のぼるの「童話作家のアイウエオ」【ス】末吉暁子さん
「波のそこにも」 偕成社刊  末吉暁子/作 佐竹美保/絵
 

◇藤田のぼる(ふじた のぼる)-profile-
1950年秋田県生まれ。児童文学評論家・作家。日本児童文学者協会副理事長。 聖学院大学他講師。著書に『児童文学への3つの質問』(てらいんく)、『少年少女の 名作案内 日本の文学』(共編、自由国民社)『「場所」から読み解く世界児童文学事典』 (共編著、原書房)など、創作作品に『山本先生新聞です』(岩崎書店)、『錨を上げて』(文 溪堂)『みんなの家出』(福音館書店、2014年度産経児童出版文化賞フジテレビ賞) などがある。小学校国語教科書編集委員、NHK学校放送企画委員なども務める。

「波のそこにも」 偕成社刊  末吉暁子/作 佐竹美保/絵

<<

 前々回の木暮正夫さんに続き、今回の末吉暁子さんも故人ですが、末吉さんの場合は亡くなられたのがつい昨年で、今もそんな感じがしません。教育テレビの「ざわざわ森のがんこちゃん」の原作者というのが一番通りのいい紹介になるでしょうか。デビュー作『かいじゅうになった女の子』はがんこちゃんの原型ともいえますが、2年後の1977年に出版された第二作『星に帰った少女』は、シリアスな雰囲気のファンタジーで、児童文学者協会、児童文芸家協会両団体の新人賞を受賞、一気に注目を集めました。元々編集者だった末吉さんが自らも創作を始めたのは、佐藤さとるさんの勧めといいます。『だれも知らない小さな国』など、日本のファンタジーの第一人者であった佐藤さんが、末吉さんの才能を見抜いたということでしょう。その佐藤さんもかつては編集者であり、児童文学の世界には編集者出身の作家というのは結構多いのですが、なぜかほぼ男性に限られていて、女性で編集者出身というのは、末吉さんの他はあまり思い出せません。
 さて、末吉さんの幅広い作品群を二つのタイプに分ければ、一つは「がんこちゃん」を含めた幼年向けの楽しい作品で、「ぞくぞく村のおばけ」シリーズが、その代表です。そして、もう一つが『星に帰った少女』に連なる高学年向け作品で、やはり大人の読者にはこちらがお勧めです。『星に帰った少女』は、母親と二人暮しのマミ子が主人公で、思春期を迎えたマミ子は、母親の大変さを理解できるようになった一方で、母親への批判的な視線も育てています。それが表面化したのが、十二歳の誕生日に母親のお下がりのコートをプレゼントされたことで、母親にとっては思い入れのある品物らしいのですが、マミ子は不満を募らせます。そして、このコートのポケットに入っていた古いバスの切符が鍵になって、マミ子は母親が子どもだった時代に迷い込むのです。タイムファンタジーとしてとても緻密に構成された作品でした。
 その後の作品で印象に残るのは、やはり働く母親を少年の眼から描いた『ママの黄色い子象』で、ママ役が岩下志麻でTVドラマ化もされました。そして、後年の末吉さんが最も力を注いだのは、日本神話や古典を題材にしたファンタジー三部作で、三作目の『波のそこにも』には、水底の国の住民たちと共に、源平の合戦で敗れ、入水した安徳天皇や平知盛も登場すると知ったら、歴史好きの読者は心騒ぐのではないでしょうか。
 なお、テレビの「がんこちゃん」は現在も続いていますが、その脚本を担当している押川理佐さんは、末吉さんのお嬢さんであることを紹介しておきます。

◇藤田のぼる(ふじた のぼる)-profile-
1950年秋田県生まれ。児童文学評論家・作家。日本児童文学者協会副理事長。 聖学院大学他講師。著書に『児童文学への3つの質問』(てらいんく)、『少年少女の 名作案内 日本の文学』(共編、自由国民社)『「場所」から読み解く世界児童文学事典』 (共編著、原書房)など、創作作品に『山本先生新聞です』(岩崎書店)、『錨を上げて』(文 溪堂)『みんなの家出』(福音館書店、2014年度産経児童出版文化賞フジテレビ賞) などがある。小学校国語教科書編集委員、NHK学校放送企画委員なども務める。