ホーム>童話作家のアイウエオ [タ]:竹下文子



藤田のぼるの「童話作家のアイウエオ」【タ】竹下文子さん
『黒ねこサンゴロウ1 旅のはじまり』 偕成社刊 竹下文子/作 鈴木まもる/絵
 

◇藤田のぼる(ふじた のぼる)-profile-
1950年秋田県生まれ。児童文学評論家・作家。日本児童文学者協会副理事長。 聖学院大学他講師。著書に『児童文学への3つの質問』(てらいんく)、『少年少女の 名作案内 日本の文学』(共編、自由国民社)『「場所」から読み解く世界児童文学事典』 (共編著、原書房)など、創作作品に『山本先生新聞です』(岩崎書店)、『錨を上げて』(文 溪堂)『みんなの家出』(福音館書店、2014年度産経児童出版文化賞フジテレビ賞) などがある。小学校国語教科書編集委員、NHK学校放送企画委員なども務める。

藤田のぼるの「童話作家のアイウエオ」【タ】竹下文子さん 『黒ねこサンゴロウ1 旅のはじまり』 偕成社刊 竹下文子/作 鈴木まもる/絵

<<

 「童話作家」と並んで「児童文学作家」という言い方もありますが、「童話作家」はメルヘン系、「児童文学作家」はリアリズム系の書き手にそぐうイメージがあります。その点、竹下文子さんは「童話作家」という呼び方がぴったりの感じです。
 デビュー作は『星とトランペット』という短編集で、この時竹下さんはまだ大学在学中でした。実はデビュー作が短編集という作家は、かなり珍しいのです。「短編集は読書感想文コンクールの課題図書にならないから」という説もありましたが、どうでしょうか。ともかくこの本が出た一九七八年、僕は安房直子さん、あまんきみこさんに続くメルヘンの書き手が現れたな、と注目しました。この短編集は高学年向きで、その作品世界は清冽という印象でしたが、その後の竹下さんの作品は割合幼年向けが多く、時にユーモラスな持ち味も感じさせてくれます。また、ネコが活躍する作品が多く、「おてつだいねこ」のようにシリーズになっているものもあります。
 中で、これもネコが主人公なのですが、かなり雰囲気を異にしているのは、「黒ねこサンゴロウ」のシリーズです。これは大長編で、「黒ねこサンゴロウ」「黒ねこサンゴロウ旅のつづき」(各5巻)と続いて、さらに姉妹編といえる「ドルフィン・エクスプレス」シリーズが出され、全15巻でようやく完結しました。第一作の「黒ねこサンゴロウ 旅のはじまり」では、初めての一人旅で単身赴任の父親のもとに向かったケンが、特急電車で黒ねこのサンゴロウと出会います。サンゴロウは人間のようにふるまっていますが、この世界ではねこや動物がみんなそうだというわけではありません。でもちっとも不自然さがなく、サンゴロウが持っていた宝の地図に魅かれてケンも冒険を共にします。第二作の『キララの海へ』の舞台はうみねこ島。ここはねこたちだけの世界で、サンゴロウは船乗りになっているのですが、ここに来る途中で以前の記憶を失っている設定になっています。こんなふうに、現実世界とファンタジー世界が地続きのようで、隔絶されてもいるようで、ファンタジーとしてとてもユニークな作りになっています。
 そしてこの独特の世界をさし絵で支えている鈴木まもるさんは、絵本作家として活躍されていますが、竹下さんのご夫君でもあります。共作の絵本もたくさんあり、こちらをご覧になっている方は少なからずいらっしゃると思います。例えば『せんろはつづく』は子どもたちが野山に線路をどんどん伸ばしていって、最後に汽車が走ります。子どもたちのわくわくがそのまま実現されていくような、これもまたユニークな作品世界です。

◇藤田のぼる(ふじた のぼる)-profile-
1950年秋田県生まれ。児童文学評論家・作家。日本児童文学者協会副理事長。 聖学院大学他講師。著書に『児童文学への3つの質問』(てらいんく)、『少年少女の 名作案内 日本の文学』(共編、自由国民社)『「場所」から読み解く世界児童文学事典』 (共編著、原書房)など、創作作品に『山本先生新聞です』(岩崎書店)、『錨を上げて』(文 溪堂)『みんなの家出』(福音館書店、2014年度産経児童出版文化賞フジテレビ賞) などがある。小学校国語教科書編集委員、NHK学校放送企画委員なども務める。