ホーム>童話作家のアイウエオ [テ]:寺村輝夫



藤田のぼるの「童話作家のアイウエオ」【テ】寺村輝夫さん
「王さまとあそぼう」理論社刊 王さま編集部・編 和歌山静子/絵
 

◇藤田のぼる(ふじた のぼる)-profile-
1950年秋田県生まれ。児童文学評論家・作家。日本児童文学者協会副理事長。 聖学院大学他講師。著書に『児童文学への3つの質問』(てらいんく)、『少年少女の 名作案内 日本の文学』(共編、自由国民社)『「場所」から読み解く世界児童文学事典』 (共編著、原書房)など、創作作品に『山本先生新聞です』(岩崎書店)、『錨を上げて』(文 溪堂)『みんなの家出』(福音館書店、2014年度産経児童出版文化賞フジテレビ賞) などがある。小学校国語教科書編集委員、NHK学校放送企画委員なども務める。

【テ】寺村輝夫さん「王さまとあそぼう」理論社刊 王さま編集部・編 和歌山静子/絵

<<

 何度か同じ断り書きを繰り返すことになりますが、この連載を始める時は、基本的に「生きている」作家だけにしようと思っていたのですが、亡くなられた方でも紹介したい人もいるし、図書館の棚は存命作家も物故作家も区別しません。そうした意味で、今回紹介する寺村輝夫さんは(亡くなって十年以上になりますが) まさに〝現役作家〟といえるでしょう。寺村さんの代表作は、なんといっても『ぼくは王さま』に始まる王さまシリーズですが、その他にも「こまったさん」「わかったさん」、「海ぞくポケット」と、一つだけとっても子どもの本を代表する人気シリーズでしたが、それを並行して出し続けたのが、すごいところです。
 本の最後に料理のレシピが載っているシリーズ一冊目『こまったさんのスパゲティ』が出たのが一九八二年、今でこそこうした遊びのある本は珍しくありませんが、当時としてはとても斬新でした。そして、これは最初からシリーズ化を前提としていたという意味でも、画期的でした。というのは、「王さま」シリーズでも、同じ頃にシリーズ化された那須正幹さんの「ズッコケ三人組」にしても、一冊目、二冊目の好評を経てシリーズ化されたわけで、最初から続編が決まっていたわけではないのです。寺村さんという書き手が、日本の子どもの本の風景を変えたといっても過言ではないでしょう。
 さて、その寺村さんは、佐藤さとる、古田足日といった現代児童文学の出発をになった世代の一人ですが、その経歴で目につくのは、東京府立第一商業の3年生で海軍飛行予科練に入隊、一九四五年4月に海中特攻隊を志願します。十六才でした。もしもあと少し戦争が長引いていたら、まちがいなく命を落としていたでしょう。自分がいかに「軍国少年」だったかについては、八七年に刊行した自伝的長編『のんかん行進曲(マーチ)』にまざまざと描かれています。著書『わたしの童話創作ノート』の中の、「童話作家は、子どもを大人の世界へ教えみちびいていく指導者ではありません。子どもと共感しながら体制に反抗する〈共犯者〉でなくてはならないのです」といった寺村さんの言葉には、自身のそうした少年時代が確かに反映されているように思われます。
 寺村さんには好きなものがいろいろありましたが、その一つがアフリカでした。毎年のように旅行し、象やライオンが出てくる話もたくさんあります。トレードマークだったあご鬚も、アフリカ旅行の時に髭を剃る暇がなかったことがきっかけだったようです。まさに「王さま」の風貌だった寺村さん、あちらでも象たちと悠々と遊んでいることでしょう。

◇藤田のぼる(ふじた のぼる)-profile-
1950年秋田県生まれ。児童文学評論家・作家。日本児童文学者協会副理事長。 聖学院大学他講師。著書に『児童文学への3つの質問』(てらいんく)、『少年少女の 名作案内 日本の文学』(共編、自由国民社)『「場所」から読み解く世界児童文学事典』 (共編著、原書房)など、創作作品に『山本先生新聞です』(岩崎書店)、『錨を上げて』(文 溪堂)『みんなの家出』(福音館書店、2014年度産経児童出版文化賞フジテレビ賞) などがある。小学校国語教科書編集委員、NHK学校放送企画委員なども務める。