ホーム>童話作家のアイウエオ [ト]:富安陽子



藤田のぼるの「童話作家のアイウエオ」【ト】富安陽子さん
『幽霊屋敷貸します』 新日本出版社刊 富安陽子/作 篠崎三朗/絵
 

◇藤田のぼる(ふじた のぼる)-profile-
1950年秋田県生まれ。児童文学評論家・作家。日本児童文学者協会副理事長。 聖学院大学他講師。著書に『児童文学への3つの質問』(てらいんく)、『少年少女の 名作案内 日本の文学』(共編、自由国民社)『「場所」から読み解く世界児童文学事典』 (共編著、原書房)など、創作作品に『山本先生新聞です』(岩崎書店)、『錨を上げて』(文 溪堂)『みんなの家出』(福音館書店、2014年度産経児童出版文化賞フジテレビ賞) などがある。小学校国語教科書編集委員、NHK学校放送企画委員なども務める。

【ト】富安陽子さん『幽霊屋敷貸します』 新日本出版社刊 富安陽子/作 篠崎三朗/絵子/絵

<<

 それなりに前のことですが、図書館の方たちから子どもに人気がある(そして安心して勧められる)書き手〝三羽ガラス〟として、岡田淳、斉藤洋、那須正幹の名前があがりました。その時、では女性作家では?という話になり、前々回紹介した高楼方子さんと今回紹介する富安陽子さんはすぐ決まったのですが、三人目はいろんな名があがって、決定(?)に至りませんでした。これらの作家たちに共通するのは、とにかく駄作がない、そして本好きの子はもちろん、あまり本を読まない子でも惹きつけそうな魅力を備えていることです。
 さて、富安さんには、「ムジナ探偵局」「妖怪一家九十九さん」、そして実は母親がキツネという信田家の3人の子どもたちが活躍する「シノダ!」など、とてもおもしろくてちょっと怖くてかなり不思議なシリーズがありますが、僕が好きなのは、ファンタジーとリアルの境目をいくような、独特な世界を備えた作品。
 例えば、『カドヤ食堂のなぞなぞ』は、ひやしコーヒーとソフトクリームとクリームコーヒー、あとはうな丼しかメニューがないカドヤ食堂が舞台。ところが、このうな丼を食べている客を見たためしがなく、〈ぼく〉が思い切って注文してみると……。実におもしろくてちょっと怖くてかなり不思議。また、『ほこらの神様』は、小5 の男の子たち3人組が、古い屋敷の取り壊し現場で見つけた祠を秘密基地に運び込みます。冗談で願い事をしてみると、それが叶えられてしまい、そこからは思いがけないできごとがノンストップで展開していきます。「こんなことがあるはずがない」から、「もしかしたらあるかもしれない」「あってほしい」と気持ちがどんどん変化していく読書体験はスリリングという感じです。
 最近新装版が出された『幽霊屋敷貸します』も、この系列でしょうか。2LDKから格安の〝お屋敷〟に引っ越したとたん、元の家の持ち主の幽霊が出現。その幽霊の出した三つの謎を解く中で、この家をめぐる人間模様が浮き彫りにされていく展開に、思わず引き込まれます。
 さて、そんな富安さんのエッセイ集『さいでっか見聞録』によれば、童話作家をめざしたのは、子ども時代に「メアリー・ポピンズ」に出会ったからだと言います。ところがというべきか、実際の富安さんは、メアリー・ポピンズを日本人にしたら(?)、まさにこんな感じ!という雰囲気の人。このエッセイ集には、そんな富安さんを彷彿とさせる、子ども時代からの数々のとぼけたエピソードが描かれており、「どこまで本当?」と眉につばをつけながら楽しめること請け合いです。

◇藤田のぼる(ふじた のぼる)-profile-
1950年秋田県生まれ。児童文学評論家・作家。日本児童文学者協会副理事長。 聖学院大学他講師。著書に『児童文学への3つの質問』(てらいんく)、『少年少女の 名作案内 日本の文学』(共編、自由国民社)『「場所」から読み解く世界児童文学事典』 (共編著、原書房)など、創作作品に『山本先生新聞です』(岩崎書店)、『錨を上げて』(文 溪堂)『みんなの家出』(福音館書店、2014年度産経児童出版文化賞フジテレビ賞) などがある。小学校国語教科書編集委員、NHK学校放送企画委員なども務める。