ホーム>ゆとりの学び ゆとりの文化 第23回

ゆとりの学び ゆとりの文化 -21世紀の学習文化- 新井郁男

平成10年から12年まで新潟日報に「ゆとりの文化」というテーマで連載した小文と、平成5年から平成12年まで野外文化研究所の機関紙に「『持つ』文化と『ある』文化」というテーマで連載した小文を、平成13年にエッセー集としてまとめて、『ゆとりの学び、ゆとりの文化―21世紀の学習社会―』というタイトルで教育出版から発行しました。今回のこのシリーズは、そのなかから現下の教育改革、教育課程改革と関連のあるものをピックアップしていきたいと思います。出版後、新たな改革が進められつつありますが、筆者の考え方は特に変わっていませんので、特に変更などをしないで掲載いたします。現下の改革などに照らしながらお読みください。ご興味のあるかたは著書もお読みいただければ幸いです。

【著者紹介】
新井郁男(あらい いくお)

1935年長野県生まれ。1959年東京大学教育学部卒。文部省(現文科省)、国立教育 研究所、東京工業大学、上越教育大学、愛知学院大学、放送大学などで教授などを歴任。 現在は、上越教育大学名誉教授、星槎大学特任教授。

 
 

第23回

脱勉強

苦痛のなかにも楽しさが……

わが国では、何かを学ぶことを「勉強する」という。しかし、中国では「無理に」とか「無理をさせる」という意味で使われているだけで、学ぶという意味はないようである。

英和辞典を引いてみると、studyやlearnには「勉強」という訳がまず第一に与えられているが、英漢辞典では、勤労、学習、研究などと訳されており、「勉強」ということばは登場しない。

「勉強」ということばには、日本では、「学ぶ」という意味だけでなく、商品の値引きを無理に要求したり、売り主のほうで無理をして値段を安くするという場合にも使う。したがって、「勉強」には、この二つの意味が重なって、無理やりに学ばせるといったニュアンスがつきまとっているといってよいであろう。

子どもたちにとって一番いやなことは、学校から家に帰ったときに、お母さんから「勉強しなさい」といわれることだとは、よく聞く話であり、また、子どもに対するアンケートの結果としても報告されているところであるが、これは子どもが「勉強」ということばに付着している「無理やり」というニュアンスを肌で感じとっているからではないだろうか。

ところで、わが国では、「無理に」という意味しかなかった中国語を、どうして「学ぶ」という意味にも使うようになったのであろうか。

スコットランド生まれの新聞記者、伝記作家、社会改革家として有名なサミュエル・スマイルズのSelf-Help という本(1859年刊)が中村正直によって明治初年に『西国立志編』として訳出されているが、これを原文と対比して読んでいたら大変興味深いことを発見した。

 

勉強は苦痛をともなう労働

painstaking labour=苦痛をともなう労働という英語にも、studyという英語にも、ともに「勉強」という訳が与えられているのである。これはおそらく、学ぶことは苦痛をともなう労働であると考えられていたからではないだろうか。近年は、生涯学習が活発になるなかで、学習することは楽しいといわれるようになってきているが、なお先のような学習イコール苦痛をともなう労働という観念は根強く残っているように思われる。

最近、生涯学習にかかわる会議において、学習は楽しいものでなければならないというが、それは問題で、学習は本来楽しんで行うべきものではないという意見が飛び出した。一瞬座が白けた感があったが、このような意見は、学習を真剣にやろうとすれば当然苦痛はともなうもので、楽しいというのは、真剣さが足りないからだというのであろう。 この考えかたが問題なのは、苦痛と楽しさとが相反することとしてとらえられている点である。学習の場合には、苦痛のなかに楽しさがあるはずである。

しかし、学習が無理強いをされた「勉強」である場合は、苦痛なだけで、楽しさはともなわないであろう。生涯教育ということばを避けて生涯学習ということばが一般化しているのも「教育」にともなう「無理強い」のイメージを打破するためであった。

 

生涯学習にも拒否反応

しかし、それでもまだ多くの人々の間には拒否反応はあるように思われる。

先日、大手の商社を退職して都会から郷里にUターンしたばかりの友人を訪ね、久しぶりに酒を交わしたのであるが、彼は生涯学習はまっぴらだというのである。いまのところ毎日が楽しくてしょうがないが、まわりを見渡すと、生涯学習ばやりで、お前も何か学習しろ、と強迫されているようで、あまり愉快ではないというのである。

「教育」を「学習」に切りかえてみても、それがことばとして生活環境のなかに広報やポスターなど多様な媒体を通して頻繁に侵入してくると、圧迫感をともなうのであろう。生涯学習が盛んなことで知られるある地域で、人々にインタビューをしてまわったことがあるが、そのおり、行事や講座に参加してくれという働きかけが多くて困るという感想がたくさん出てきた。

人を多く集めるという数の論理ではない、ゆとりのある学習文化の創造が期待される。