ホーム>ゆとりの学び ゆとりの文化 第33回

ゆとりの学び ゆとりの文化 -21世紀の学習文化- 新井郁男

平成10年から12年まで新潟日報に「ゆとりの文化」というテーマで連載した小文と、平成5年から平成12年まで野外文化研究所の機関紙に「『持つ』文化と『ある』文化」というテーマで連載した小文を、平成13年にエッセー集としてまとめて、『ゆとりの学び、ゆとりの文化―21世紀の学習社会―』というタイトルで教育出版から発行しました。今回のこのシリーズは、そのなかから現下の教育改革、教育課程改革と関連のあるものをピックアップしていきたいと思います。出版後、新たな改革が進められつつありますが、筆者の考え方は特に変わっていませんので、特に変更などをしないで掲載いたします。現下の改革などに照らしながらお読みください。ご興味のあるかたは著書もお読みいただければ幸いです。

【著者紹介】
新井郁男(あらい いくお)

1935年長野県生まれ。1959年東京大学教育学部卒。文部省(現文科省)、国立教育 研究所、東京工業大学、上越教育大学、愛知学院大学、放送大学などで教授などを歴任。 現在は、上越教育大学名誉教授、星槎大学特任教授。

 
 

第33回

多 忙

直線的「時間」観から円環的「時間」観へ

忙しい。これは現代の多くの人が日ごろ感じている実感であろう。中教審は、学校教育改革の基本的な方向として、「生きる力」の育成と「ゆとり」の創出を提言したが、これは裏を返せば、学校も現代社会を反映して忙しくなっているという現実をふまえてのことであろう。

なぜ、こうも忙しくなっているのであろうか。本当に忙しくなっているのであろうか。

確かに、仕事の量は多くなっている。自分が属している大学を考えてみても、授業の負担は必ずしも増えてはいないが、会議の量は年々増大している。以前東京工業大学に勤めていたときに、委員会の数が年とともに増えていく状況を分析した人がいた。現在の職場である上越教育大学は学部学生 800人、大学院生 600人の比較的小規模な大学であるので、それほどではないだろうと、最初のころはたかをくくっていたが、やはり年々増えている。かつて委員会を整理するための委員会をつくって検討したが、結局実質的な変化はなく、その検討委員会に相当するような委員会が存続してしまっている。

これは規制緩和にともなって各大学が自己評価をして、主体的に管理運営をしていくという政策に起因する部分も多いかもしれないが、原因はそれだけではないように思われる。たとえ仕事の量が多くても、それが自分のペースで行えるのであれば、忙しさを感じることはないであろうからである。大学の場合には授業の負担は多少多くても、それは教員が自分の裁量でペースを調整できる余地がある。少し遅れていったり、少し早め止めたり、多少延長したりすることは、よしあしは別として、個々の教員の裁量の範囲である。

しかし、会議などは、授業が自律的であるのに対して他律的である。もちろん都合で遅刻したり、中途で退席したり、欠席したりすることはないわけではないが、それは原則としていちいち断らなくてはならないし、衆人環視のなかでの行動であるので、けっこうストレスの原因になる(ならない人もいるかもしれない)。

これはわれわれおとなだけにみられる現象ではなく、子どもの生活にも深く浸透している。昔の子どもは、野原で遊びに熱中して時をたつのを忘れていたものであるが、いまはテレビや塾の時間に拘束されて生活しているのではないだろうか。かつては子どもを拘束したのは、夕飯ですよ、という母親の呼ぶ声くらいであったものが、いまの子どもは小刻みの時間に縛られた生活を強いられているのである。

また、われわれは、かつては同じ時間が春、夏、秋、冬といったサイクルにしたがって、再び巡ってくるのを待ちながら生きていたものが、科学技術の発達によって季節感が希薄になったことによって、時間は円環的ではなく、絶えず前へ、前へと進む直線的なものとして感じられるようになってしまったことによるところも大きいであろう。直線的な時間観のもとでは、いったん過ぎ去ってしまった時間は取り戻すことができない時間と感じられる。しばらく待っていれば再び巡ってくるとは感じられないのである。ここに忙しいという感覚、つまり多忙感がつのる原因があるといえるのではないだろうか。

直線的な時間は切り取って、「持つ」対象となる時間であるのに対して、円環的な時間は一定の間隔のもとに、つねにそこに「ある」時間であるが、現代社会の問題は「持つ」時間が「ある」時間を大きく凌駕しているところにある。

いま子どもたちに豊かな自然体験の機会を与えなくてはならないということが叫ばれている。それにはさまざまな意義があるが、わたしが重視したいのは、自然のなかでは、時間は円環的であるという点である。円環的な時間のある自然のなかに身を置くことによって、子どもたちは、直線的な時間に追われるイライラした生活から解放され、「ゆとり」を実感することができるであろう。そこに自然体験の大きな意義があるのではないだろうか。

スキー愛好家の筆者にとっては、夏来たりなば冬遠からじ、である。