ホーム>行政からみた戦後教育史

行政からみた戦後教育史 菱村幸彦
菱村幸彦

【PROFILE】
菱村幸彦(ひしむらゆきひこ)
京都大学法学部卒。文部省に入り、教科書検定課長、高校教育課長、総務審議官、初等中等教育局長、国立教育研究所長、公立学校共済組合理事長、駒場東邦中・高等学校長などを歴任。
現在、国立教育政策研究所名誉所員、一般社団法人日本図書教材協会会長。
〔著書〕『やさしい教育法規の読み方』(教育開発研究所), 『はじめて学ぶ教育法規』(同上), 『教育の窓・法律の窓』(小学館), 『戦後高校教育史』(学事出版), 『私のリーダー論』(日本教育新聞社), 『私の校長学』(学事出版), 『戦後教育はなぜ紛糾したか』(教育開発研究所)など多数。

 

この連載は、ジアース教育新社刊「文部科学 教育通信」に2017年8月より連載されているシリーズを転載しています。

第1回

教科書検定への誤解 <上>

私は、昭和34 年に文部省(当時)に入省し、平成9年に国立教育政策研究所長を最後に文部省を離れた。その間に見聞し、体験した戦後教育史の断面について述べたい。取り上げるテーマは、ランダムになるが、まず、長く携わった教科書検定をめぐる話から始める。

 

「パン屋」を「和菓子屋」に?

私が教科書検定行政を担当していた昭和40年代は、検定制度に対する批判が絶えなかった。その最たる例は、家永教科書裁判だが、これは次回に取り上げる。

当時、検定制度に対する批判は左右を問わなかった。革新派からは、強権的な検定で表現の自由、学問の自由が犯されていると非難され、保守派からは、緩い検定で教科書の政治的偏向を助長していると批判された。その渦中にあって、文部省は左右のほぼ真ん中に位置していることを実感していた。

近年、検定に対する批判は、あまり聞かなくなったが、今春、検定を批判するニュースが流れた。

それは、こんなニュースである。

昨年、道徳の教科書の検定で、文科省は、検定基準の「国や郷土を愛する態度」に照らして不適切という理由で、「パン屋」を「和菓子屋」に書き改めさせたというのだ。これを伝えるニュースは、教科書検定の非常識さを批判するニュアンスを含んでいた。

しかし、私は、直感的に「これは違うな」と思った。というのは、教科書検定では、記述の欠陥を指摘するが、どのように修正するかまで指示することはしないからである。

案の定、その後、産経新聞(4月1日付)が、文科省が書き換えさせたというニュースは、誤解によるものだという記事を報じた。

記事によると、T社の小学1年向けの道徳科教科書に「にちようびの さんぽみち」と題する文章があり、その中にパン屋さんの話が出てくる。検定意見は、「パン屋」が不適切というのではなく、この教材全体について、指導要領が示す「我が国や郷土の文化と生活に親しみ、愛着をもつこと」に照らして、記述が不十分と指摘したものだった。

T社は、検定意見を受けて、自主的に検討した結果、「パンやさんは、おなじ一ねんせいのおともだちのいえでした」としていた原文の文脈を変え、和菓子屋を通して、伝統と文化を尊重し,それをはぐくんできた我が国と郷土を愛することを伝える文章に修正し、検定を通過したという。

道徳科の検定基準の一つに「主たる記述と学習指導要領の『内容』に示す項目との関係が明示されており、その関係は適切であること」という項目がある。検定意見は、T社が示した「パン屋」の教材と指導要領の関連付けが不十分と指摘したのみで、「和菓子屋」に修正することを求めてはいない。

- つづく - 

ジアース教育新社
新刊
購読のお申込