ホーム>行政からみた戦後教育史

行政からみた戦後教育史 菱村幸彦
菱村幸彦

【PROFILE】
菱村幸彦(ひしむらゆきひこ)
京都大学法学部卒。文部省に入り、教科書検定課長、高校教育課長、総務審議官、初等中等教育局長、国立教育研究所長、公立学校共済組合理事長、駒場東邦中・高等学校長などを歴任。
現在、国立教育政策研究所名誉所員、一般社団法人日本図書教材協会会長。
〔著書〕『やさしい教育法規の読み方』(教育開発研究所), 『はじめて学ぶ教育法規』(同上), 『教育の窓・法律の窓』(小学館), 『戦後高校教育史』(学事出版), 『私のリーダー論』(日本教育新聞社), 『私の校長学』(学事出版), 『戦後教育はなぜ紛糾したか』(教育開発研究所)など多数。

 

この連載は、ジアース教育新社刊「文部科学 教育通信」に2017年8月より連載されているシリーズを転載しています。

第11回

戦後教育に残された最後の課題 <上>

これでやっと、戦後教育に残された最後の課題が片づいた――という感慨をもった。平成26年に学校教育法施行規則が改正され、「特別の教科 道徳」の設置が決まったときである。道徳科の学習指導要領と教科書が整備され、いよいよ平成30年度から教科としての道徳教育が全国の小学校で本格的に実施される。昭和33年に「道徳の時間」を設けられて以来、実に60年ぶりの改革である。

 

教育勅語へのルサンチマン

私が旧文部省に在職していたとき、なぜ文部省は道徳教育をもっとしっかりやらないのかという批判を絶えず受けた。しかし、文部省は手をこまねいていたわけではない。むしろ道徳教育の振興のために、他の教科とは比べものにならないほど多額の予算を計上し、およそ考えられる限りの施策を実施してきた。にもかかわらず、道徳教育の成果ははかばかしくなかった。

戦後、道徳教育が成果を挙げ得なかった要因として、社会の急激な変化に伴う、価値観の多様化、規範意識の低下、家族の変容などが指摘できる。しかし、わが国の教育界には、それ以外に、道徳教育を困難にした要因があった。それは戦前の教育勅語と修身教育に対するルサンチマンである。

かつて、評論家の清水幾太郎氏は、道徳の問題が出ると途端に「教育勅語復活の危険」を叫び続ける人々がいることを指摘し、戦後教育では「教育勅語への復讐の心理のゆえに、現代における道徳の問題を堂々と取扱い得ない」状況があると論じた(『戦後を疑う』講談社)。

確かに第2次大戦後のわが国では、教育勅語とそれに基づく修身教育に対する過剰なまでの否定と排除の感情が、学校の道徳教育に影響を与えてきたことは否定できない。つまり、戦後教育では、教育勅語と修身教育が国家主義教育や軍国主義教育の元凶として徹底的に否定され排斥された。その結果、道徳教育は、教育勅語と修身教育の延長線上でネガティブに論じられた。そうした時代の空気が教員間に道徳教育を遠ざける心理を生み、道徳の指導を腰の引けたものにしたのだ。

 

修身科の停止と教育勅語の排除

戦後の道徳教育の経緯についてみておこう。

昭和20年12月、連合国軍総司令部(GHQ )より「修身、日本歴史及ビ地理停止ニ関スル件」(覚書)が発出され、軍国主義的・国家主義的観念を排除するためと称して、日本歴史や地理とともに修身の停止が命じられた。日本歴史と地理はまもなく再開されたが、修身科は復活することはなかった。

次いで、昭和23年6月にGHQの要請により、衆議院で「教育勅語等排除に関する決議」が、参議院で「教育勅語等の失効確認に関する決議」が、それぞれ可決され、教育勅語の法的失効が確認された。

そうした状況の中で、戦後の道徳教育は、社会科を中心として、学校教育全体で行うという方針がとられた。しかし、この方針は、理念はともかく、現実にはうまく機能しなかった。というのは、教員が互いにもたれ合って、結局、だれも道徳教育を行わないという結果を招いたからである。当時、私は中学生だったが、学校で道徳教育を受けた記憶はまったくない。

こうした状況を憂えた、哲学者の天野貞祐文相は、道徳教育の強化をめざし、独立教科による道徳教育の必要性を唱えた。この発言は「修身教育の復活」というので激しい批判を浴びたが、天野文相は、昭和25年に教育課程審議会に独立教科の設定を視野に入れた道徳教育の在り方を諮問した。

しかし、当時、教育課程審議会では、独立教科の設定に反対する意見が多く、翌昭和26年に出された答申では、「道徳教育を主体とする教科あるいは科目を設けることは望ましくない」という結論を出した。答申は、その理由として「道徳教育を主体とする教科あるいは科目は、ややもすれば過去の修身科に類似したものになりがちであるのみならず、過去の教育の弊に陥る糸口ともなる恐れがある」と述べている。ここには修身教育を排斥する戦後教育の空気が示されている。

 - つづく - 

ジアース教育新社
新刊
購読のお申込